TOP > 会社概要 >

会社情報

沿革

1946年

創業者故真木政雄が名古屋市熱田区において真木工業所を設立。
農業用発電機、紡績部品の下請けを行う。
1961年 真木工業株式会社に改組。代表取締役には故真木政雄が就任。
1967年 愛知県海部郡十四山村(現:弥富市)に十四山工場(現:弥富工場)を設置。
1971年 ローラーコンベヤの製造を開始。
1974年

第2営業部が独立し、マキ商事株式会社を設立。
代表取締役には真木伸一が就任。
1982年 名古屋市熱田区に本社ビル完成。
1987年 真木工業は故真木政雄が代表取締役会長に、真木伸一が代表取締役に就任。

1988年

マキ商事株式会社が株式会社マキテックに社名を変更。

1990年

三重県三重郡菰野町に三重工場を完成。
1994年


株式会社マキテックは真木工業株式会社と合併し、製造部門販売部門を兼ね備えた新体制に生まれ変わる。
プラントシステムを専門とする、株式会社マキロジテックを設立。

1998年

台湾に真木技研有限公司を設立。

1998年

福岡県田川市に九州工場を設置。
1999年 みちのく食品工業を株式会社マキテックサービスに改組。
1999年 中華人民共和国江蘇省に物流機器の製造工場として無錫真木陽丘輸送機有限公司を設立。
2001年 (株)マキテック三重工場がISO14001の認証を取得。
2002年
(株)ウエルネス四万十がミネラルウォーターの販売を始める。
2002年 株式会社エムケイホームがグレーチングの販売を始める。
2002年 中華人民共和国江蘇省にコンベヤ・物流機器製造・販売の無錫真木物流設備有限公司を設備。
2003年 (株)マキテック十四山工場(現:弥富工場)がISO9001を認証取得。
中華人民共和国浙江省に流通物流製品の工場として寧波真木賽力輸送機機械有限公司を設立。
2003年 (株)マキコンテック(ホイールコンベヤ製造)、(株)マキロジテック(プラントシステム)、(株)マキテックエムティーシィ名古屋(マキグループ管理)が(株)マキテックに合併。

2005年

香川県仲多度郡に四国工場を完成。

2006年

福岡県飯塚工場にてPCカーテンウォールの製造を始める。
2006年 グレーチング販売を行なっていた(株)エムケイホームが(株)マキテックに合併。
2007年 中華人民共和国江蘇省に介護用品の工場として丹陽真輝康復設備有限公司を設立。
2008年 旧名古屋工場に4階建ての「マキビル」を新築し1・2階は事務所として使用。
3・4階は賃貸マンション。
基本コンセプトは“地球環境に優しいビル”。
2008年 ASP(移動棚)、駐輪機の販売を始める。
2009年 個人住宅・集合住宅の販売をする。
建設PV推進室スタート。
2009年 ソーラーパネルを配備した環境型事務所「福岡総合事務所」建設。
2010年 太陽光発電とオール電化の直営店「マキテックプラザ」開店。
2011年 屋根一体型太陽光発電システム「昴シリーズ」の販売を始める。
2012年 代表取締役 会長に真木 伸一が就任。
代表取締役 社長に大野 裕幸が就任。
㈱マキテック米沢工場が稼働する。
2013年 ㈱マキテック四日市開発センターにメガソーラー設置。
2013年 ㈱マキテック九州工場にメガソーラー設置。
2013年 太陽光発電を行う㈱マキサンコム開設。
2013年 ユニットハウスによる更生保護施設を建設。
2013年 ES事業部開設。LED事業をスタート。
2014年 60周年記念式典開催。(東京・名古屋・大阪・福岡)
2015年 「マキビル三重」を新築。コンセプトは“搬送用コンテナを利用した建物”。
2015年 ベトナムにマキテックベトナム有限会社を設立。ベトナム工場完成。
2015年 福祉製品販売を行っていた㈱マキライフテックが㈱マキテックに合併。
2017年 岐阜県に垂井工場を開設。